地域保健福祉研究助成

受贈者からの声

受贈された方々から頂いた言葉を紹介いたします。

【医学研究】平成27年度受贈者(埼玉県)
医療保険者のデータヘルス計画策定支援を通した地域の健康課題分析のあり方の研究
27年度「地域保健福祉研究助成」により、地域における保健事業の研究を実施する ことができましたことに心より感謝いたします。大変ありがとうございました。
埼玉県熊谷保健所 所長 土屋久幸
【福祉研究】平成27年度受贈者(埼玉県)
行動化問題のある子どもへの支援モデルの作成と職員研修の効果測定
貴財団より助成をいただくことができ、「行動化問題のある子どもへの支援モデルの作成と職員研修の効果測定」に関する研究を実施することができました。大変ありがとうございました。
国立武蔵野学院(児童自立支援施設)心理療法士 大原天青
【福祉研究】平成27年度受贈者(新潟県)
重症心身障害児者の気質及び類縁概念に関する研究 -支援者の知覚内容からの検討-
この度は、小規模な取り組みにも関わらず、格別のご配意を賜り誠にありがとうございました。改めて厚く御礼申し上げます。
西新潟中央病院 主任児童指導員 中村友亮
【福祉研究】平成27年度受贈者(福岡県)
認知症高齢者を支えるための介護支援専門員の支援の在り方に関する調査研究
このたび、地域保健福祉研究助成事業としてご採択いただきましたおかげで有意義な研究成果を上げることができました。 厚くお礼申し上げますとともにこの成果を広く情報発信することにより、ケアマネジメントの質の向上に努めてまいりたいと存じます。
株式会社フジケア 取締役副社長 白木裕子
【医学研究】平成26年度受贈者(大阪府)
風疹抗体保有率が風疹エンデミック形成に与えた影響の解析
この度は、「地域保健福祉研究助成金」を頂きありがとうございました。助成金を頂くことで予定していた研究を実施することが出来ました。得られたデータを通じて多くの方がワクチンを接種し、風疹排除に少しでも貢献出来ればと考えております。
大阪府立公衆衛生研究所、大阪市立環境科学研究所 上林大起
【福祉研究】平成26年度受贈者(島根県)
島根の保健活動の次世代への伝承をめざした取り組み
今回、研究助成をいただき、先輩保健師の思いを一冊に取りまとめることができました。保健師機能の世代交代は確実にすすんでいますので、今後、この冊子を様々な研修の副読本として活用しながら、島根の保健師活動を伝承していくこととしています。
島根県出雲保健所 天野和子
【福祉研究】平成26年度受贈者(福岡県)
軽度認知機能障害(MCI)に関わる関連因子と転帰に関する調査研究
行政にいる保健師は、業務としての事業、保健活動の研究は行えますが、研究者としての活動への助成はなかなかありません。市町村現場の保健師は大学や、研究所の所属ではありませんので、研究者としての活動が弱点となっています。公衆衛生看護学としての研究を現場から発信するため、貴財団からの支援は大変貴重なものでした。
久山町ヘルスC&Cセンター 角森輝美
【福祉研究】平成26年度受贈者(静岡県)
静岡県における児童養護施設と地域校の連携の現状と有効な連携に向けての提言
いただいた助成金で無事に調査研究を終えることが出来、有意義な結果を出すことが出来ました。ありがとうございました。
また、先日、静岡県内の福祉機関が集まって研究発表をする研究会において、当方の調査研究を発表させていただきました。本調査研究に関心のある方々から様々なご質問をいただき、座長や助言者からも今後に向けてのご助言も受けることができました。
本研究が扱った領域はまだまだ未開拓な部分が多々ありますので、今後も引き続き有意義な結果や提言を地域に還元していけたらと思っております。
社会福祉法人春風寮 臨床心理士 森岡真樹
【福祉研究】平成26年度受贈者(鳥取県)
介護福祉施設従事者の精神的健康を保持・増進するための効果的な対策の検討
この度は貴財団の研究助成に、私どもの研究課題を採択していただき、深く感謝申し上げます。本研究課題を採択していただいたことは、私共にとって大きな励みとなります。介護職者の心の健康の保持・増進を目指して、また、これを機に本邦の保健や福祉の向上に寄与することを願って、研究に精進して参る所存でございます。
鳥取医療センター 心理療法士 太田真貴
【福祉研究】平成25年度受贈者(三重県)
過疎地域におけるエリア特性を活かした住民協働のコミュニティサロン運営に向けた研究
この研究を、今後の地域での保健福祉活動に生かし、より生活しやすい地域づくりに努力していきたいと思います。どうもありがとうございました。
大紀町役場錦支所健康福祉課 山下知佳子
【福祉研究】平成25年度受贈者(山梨県)
高齢者施設における看取りの実態把握と看取りを可能にする条件に関する研究
(前略)この助成金により、地域における高齢者施設の看取りの実態が分かり、今後、施設において看取りを進めていくために必要な行政で出来る支援を明らかにすることができました。
山梨県峡東保健所 所長 藤井充
【医学研究】平成25年度受贈者(宮城県)
地域包括ケアに向けた病院の退院支援システムの再構築 -シームレスな退院を目指して-
この度、私どもの研究に助成いただけるという連絡をいただき、大変嬉しく思っております。病院から地域に円滑に患者様につなげられるように、また患者様や地域の方々に満足していただけるようにがんばっていきたいと思います。
東北大学病院 看護師長 吉田和子
【医学研究】平成25年度受贈者(石川県)
妊娠届出時期別の妊婦や出産及び乳幼児期の健康実態を調査し母子の健康影響を検証する
これまで母子保健業務を長く実施してきましたが、市町の担当者と協力して、データを分析することができず残念に思っていました。今回を期に研究的視点でまとめたいと考えています。仮説を立証できるかは不明ですが、頑張ってみます。
石川県こころの健康センター 次長兼相談課長 飯田芳枝
【医学研究】平成25年度受贈者(愛知県)
愛知県における流入下水中のヒトパレコウイルス(HPeV)の遺伝子検出と解析
公衆衛生に生かせる研究を進めていくために、今後とも努力して参りたいと思います。
助成金は大切に使わせていただきます。
愛知県衛生研究所 主任研究員 伊藤 雅
【福祉研究】平成24年度受贈者(兵庫県)
バイオリモートを操る有効な生体信号の調査と利用時の問題点抽出ならびに受容度の評価
平成24年度の地域保健福祉研究助成対象に選んでいただき有難うございました、本助成を得ましてから、ロボットリハビリテーションセンターの活動が順調に実を結びまして、 兵庫県のチャレンジ事業ならびに中央病院を指定管理している兵庫県社会福祉事業団の重点施策に採択されています。本年4月からは、最低月に一度のペースで、 マスメディアにも活動の一部が掲載されるなど現在上向き調子で進んでおります。
助成いただいた研究費で用意した入力機器を利用して諸家電の操作を実際に試すことができる評価空間の設置も決まり、現在評価空間がほぼ出来ております。 この空間を利用し、今後も継続して患者様に環境制御を試みていただき、自信をもって病院から在宅へと戻っていただける道筋を準備していこうと考えております。
兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター 特別研究員 本田雄一郎
【福祉研究】平成24年度受贈者(大阪府)
ソーシャル・キャピタルの活用・醸成を図った住民参加型「健康劇」の効果評価研究
この度の研究助成の決定について、早々のご案内をいただき誠に有難うございました。
会員一同大変喜んでいます。成果の出る研究に取り組んで参りたいと存じます。
大阪府在宅保健師の会 会長 冨田照子
【医学研究】平成24年度受贈者(静岡県)
静岡県における野生動物のE型肝炎ウイルス汚染実態に関する研究
このたびは、「静岡県における野生動物のE型肝炎ウイルス汚染実態に関する研究」に対して助成を賜り、誠にありがとうございます。
静岡県環境衛生科学研究所 技師 小柳純子
【医学研究】平成24年度受贈者(神奈川県)
摂食障害者の地域における回復のプロセスとサポートのあり方の研究
当団体は難治性の疾患を地域でサポートするという我が国にも例のない活動を行っています。(中略)今回の助成によって得られた結果を当事者や家族に還元できるように、しっかり研究したいと思います。
NPO法人のびの会相談室 心理療法士 武田 綾
【医学研究】平成24年度受贈者(宮城県)
災害時における災害拠点病院を中心とした地域内の資源再配分に関する調査
地域保健福祉へ役立ちますよう、研究に努めたいと思いますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申しあげます。
東北大学病院 高度救命救急センター 阿部喜子
【福祉研究】平成24年度受贈者(兵庫県)
バイオリモートを操る有効な生体信号の調査と利用時の問題点抽出ならびに受容度の評価
今回の助成を有効に活用させて頂き、研究を通じて、社会還元できる成果を出せるよう日々努力を続けさせて頂きます。
兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター 特別研究員 本田雄一郎
【福祉研究】平成24年度受贈者(神奈川県)
企業社員向けの家族介護行動ガイドラインを作成・発信し、仕事と介護の両立をはかる。
気持ちを新たにして、より社会のためになる研究事業を展開できたらと思っています。
となりのかいご 代表 川内 潤